No.704 マイノリティの極み

 新しい内閣総理大臣が指名され、誕生した新内閣支持率は日本経済新聞の世論調査で74%、政権発足時としては過去3番目の高さだったとか。その理由が首相の人柄や安定感なんだと。となると、支持出来ないと思っている私はこの国では1/4。ここでも圧倒的なマイノリティだ。
 どうして支持しないのか。そもそも「政権」という存在が私個人の確立にあたっていつでも障壁なのだと認識しているからだ。自分が信託するであろう政党やそれを含むグループが政権を握ったとしてもそれは同じ。支持しているのであればむしろより一層政権の暴走に目を光らせることになるだろう。第2に、選挙とは最善を選択する行為ではなく最悪を避ける行為だと思うからだ。私個人の確立を誰かにお任せはしない。任せて安心などしない。
 それにしても、首相初めての記者会見で「国民のために働く内閣」と掲げたのには笑ってしまった。そしてすぐに暗い心持ちになった。なぜか。そもそも政府は国民のために働くものだ。憲法第15条2項に「すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。」とある以上、あまりにも当たり前だ。だから笑ってしまった。だが、ひょっとしたらこの国は、今新総理がそのように言わなければならないのが現実なのかも知れぬ。それを思うと暗い心持ちになってしまった。
 読みようによっては新総理は言外に「(これまで)内閣は国民のために働いてこなかった」と言っているのかも知れない。それならば、(それでも)支持はしないが、その言行が一致するかどうか、これからも厳しい目でチェックし続けようと思う。鳴り物入りの「デジタル相」に曰く付きの電通出身者を据えるあたり、既に言行不一致ではないかとの疑いが拭えないが。
 秋田県湯沢市は衰退が激しい1万8千弱の地方極小都市。それゆえにこれを上昇の機運にしたいのだろうが、そんなにうまくいくかなぁ。

犬っこ祭りや絵灯籠祭りは風情があって好きだったなぁ
http://www.city-yuzawa.jp/kanko01/686

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です