No.707 何が問題なのか…単純なんだけどなぁ

 総理が日本学術会議の会員候補を6人任命しなかったことで物議を醸している。様々な説が入り乱れているのだけれど、市井の一人として感じていることを、この時の空気感を忘れないためにここに綴っておく。
 「首相の任命権」ということが問われている。学術会議が推薦した人を総理が形式的に任命しないという結論だったわけだ。だったら問題は簡単だ。この6人を推薦しなかった理由をハッキリと(「総合的・俯瞰的」などと言わずに)説明すれば済む。だが何故か、それをしない。
 「学術会議も税金を使っている」という。運営のほとんどは事務経費だが、税金を投入する以上その使い道を問うことは正しい。だから財務省なり経産省なり会計検査院が怠りなくチェックすれば良いだけの話。会員の人事と税金とはそもそも関係ない。
 「学術会議のあり方が問題だ」と自民党政調会長が(行政改革の一環だそうだが)言い始めたようだ。これも会議自体の問題性は別に問われれば良いことではないか。「内閣総理大臣の所轄の下、政府から独立して職務を行う「特別の機関」として設立され」ているのだから。あるいは今回推薦されなかった6人が原因で会議に問題があるというのであれば、総理がそのように説明すれば済む。「政府に対する答申や勧告などが過去10年、ほとんど行われていない」のは、むしろ国会が学術会議に問うことをしなかったということで、無為無策を問われるのは国会の方だろう。余談だが、政調会長はご自身に降りかかって今もある疑惑をまず正直に丁寧に説明した方が良いよ。
 というわけで、こういうことこそスピード感が発揮されるべきではないか。言い訳ではなくちゃんと、別に丁寧にじゃなくていいから単純に、説明すべきことを説明すれば良い。そうしたら我々主権者たる国民が、その説明を下に判断を下すのだ。我々の主権をないがしろにしちゃ困るよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です