No.711 様変わりを実感

 土曜日に立冬を迎え、季節は冬に入った。教会の暦では22日(第4日曜日)が「終末主日」で一年の最後の週を迎える。
 先日我が家の犬たちの散歩で歩いたいつものコースで、その途中にあるコーヒーショップからいわゆるクリスマスソングが聞こえてきた。おそらく今シーズン初のクリスマスソングだ。
 散歩コースは映画館が主体のエンターテイメントゾーンで、イタリアの街並みを想わせるようになっている。尤もイタリアになんて行ったことがないので、本当にそうなのかどうかは判断つかないけどね。
 そういう商業ゾーンなので、四季折々の大きなイベントが歳時記のように目に映る。その最大のお祭り(?)が実はハロウィン。テレビの話題では渋谷が聖地のように扱われるが、川崎のハロウィンパレードはなかなかド派手でエントリーする参加者も最大級らしい。しかしそれも、今年はコロナで一変してしまった。パレードは中止。その分お家で仮装してネットで盛り上がろうという企画に変更となった。当日夜の散歩では、仮装していたのは僅かに1グループ3人だけだった。
 この一大イベントが終わると、それこそ一夜にしてクリスマスモードに変更となるのだけど、今年はその切り替えも目に映らないほど密やかだった。そしてある日、コーヒーショップから聞こえてきた音で、そんなかつての日々(と言うかつい昨年までのこと、だけどなんだか遠い昔のよう)を思い出した。
 シーズンでいちばん早いクリスマス礼拝は、キリスト教保育連盟神奈川部会。12月第1週の水曜日が定番。しかしそれも、今年はオンラインで行われるという。全く想像出来ないのだけど、それがこれからのニューノーマル(新しい生活様式)になるのだろうか。困ったことに、そのスタイルで一番最初の説教者が私になっちゃったのだけど…。

川崎ハロウィン2019はこんなに盛り上がったんだね
https://rarea.events/event/8982

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です